愛するあなたへ

2011年9月11日日曜日

旧世界経綸を振り返って-5

世界経綸の頂点において予定されていた体制は、西洋社会を代表する王室の連合体と東洋社会を代表する王室の連合体を日本の裏体制である丸十字体制を媒体として、8の字に結ぶ頂上連合体制であったように思います。

しかし結局のところ媒介となる日本の旧丸十字体制における「錦の御旗」となられる某親王も平成2年に逝去してしまうことで、結局その道は閉ざされてしまい、その後、フランシスコが引き継いで歩むことになるのです。

当時は、韓国、中国においても隠された王統ファミリーと連携できる状況となっておりました。今振り返りますと、フランシスコは西洋と東洋の各々王室連合体の日本人ファミリーの一員でしたから、この世の権力の頂上体制を某親王と裏表一体となりながら動かして行く立場であったように思います。またそれらの体制を動かして行くための経済基盤も既に準備されていたのです。

宇宙経綸においては、これらの権力体制とは全く異なる隠れた王統先住民が浮上することになるでしょう。そしていずれは地球連邦の雛形となる宇宙12種族の遺伝子を持った若手王統先住民が浮上することになり、神々である宇宙生命体との公式三次元遭遇を可能にする道が開くこととなるでしょう。

さて、世界経綸の破綻により、日本の政治外交の拠点であった琉球の立場は、南九州の丸十字体制と共に経綸上のミッションから外れることとなり、宇宙経綸においては房総半島の鹿島神宮神域をベースとした新丸十字体制を中心に、北東の蝦夷地を土台としてスタートすることとなるのです。その意味では新しい国おこしのビジョンも南北が逆転した構図となるのです。

2000年歴史の準備基盤を失い、ゼロの状態から異邦の民を足場に始まるProject GAIAの立場は、3.11地震と津波で全てを失い絶望の中にありながらも、復興のために命懸けになっておられる東北人の心情に通じるものがあると思います。如何なる絶望のどん底にあろうとも決してあきらめず、歯を食いしばって新しい村おこし、国おこしに向けて希望を持って力強く前進して行く、そんな心情で宇宙経綸に取り組んで参りたく思います。


感謝合掌