愛するあなたへ

2011年9月5日月曜日

旧世界経綸を振り返って-1

この度の宇宙経綸は、旧世界経綸における世界基盤の最終段階を迎える時点で、本来その基盤を引き継ぎながら宇宙経綸に移行して行く神々の計画がありました。

しかしこれまで述べました様に、世界をリードして来た父系イスラエル民族型の世界経綸の中枢体制は、最終的には2000年前の失敗と同じ様な失敗を繰り返すこととなり、結果として世界基盤の全てを失った立場ではありますが、人類のカルマ清算の為の霊的基台が母系ヒッタイト民族型の女性たちにより成立することにより、宇宙経綸を何らの基盤も無いところからスタートするこの度の宇宙経綸となるのです。

今だから話せることなのですが、銀河宇宙12種族の遺伝子を持つ世界経綸を担うグループが夫々世界的な基盤を形成しながら、世界経綸を担うシンクロ体制として機能していたのですね。
主にフランシスコが関わりを持っていたのがローマ法皇に関わる長老司祭、そしてヨーロッパで最も伝統のある王室ファミリー、そして複数の新興宗教、そしてトップダウン方式で経綸を立ち上げるための旧丸十字体制であったように思います。

アッシジのフランシスコの伝統を継いだ故長老司祭を柱としてバチカンの裏体制が出来つつあったのであり、2000人の日本語が話せる司祭が50年の間に準備されておりました。故長老司祭は、前法皇のパウロ二世と同じイタリア出身で、法皇とは兄弟のような心情関係にあり、また宗教の垣根を越えて他宗教の皆様と交流をいつも深められておられる信仰深い方でありました。今思えばマザーテレサとツインソウルになる可能性のあったお方であったように思います。

フランシスコから観れば、そのお方こそ裏法皇として神が導かれておられた方であり、フランシスコ・ガブリエルのフランシスコは、その長老司祭が、そして日本皇室との親交の深い某ロイヤルファミリーがガブリエルと命名された洗礼名でした。しかし残念ながら長老司祭は数年前に病で他界されてしまうのです。

次に続く

感謝合掌