愛するあなたへ

2011年4月30日土曜日

Project GAIA草創期の目標概念

フランシスコが初めて天から召命を受けたのは1973年5月1日のことで、2013年前後の宇宙経綸の浮上まで約40年の歳月を要することになります。

振り返れば霊界主導の世界経綸の終息と、次なる宇宙経綸の発動のために必要な浄化と創造に関わる霊的鋳型を造ることが、フランシスコのミッションであったように思います。特に1996年6月28日の二度目の召命以降は、自分の理解を超えた奇跡が連続する日々となり、いつの間にか経綸の一端を担う一人として準備されて来た15年であったように思います。

具体的には、①神々や天使と呼ばれた銀河系宇宙人類の存在と彼らのメッセージを公開することで、未来宇宙文明の基本となる超宗教・超科学への道を開き、②銀河系宇宙人類の遺伝子を継いでいる地球人類の宇宙意識(神の子意識)への目覚めを促進させ、③また聖国ネットワークにより編成され、銀河系宇宙人類との相互連携機関として、国連代替機構となる地球連邦設立への青写真を提示することで、④銀河系宇宙人類と共生共栄する新しい宇宙文明創造の基礎を築く。

これがフランシスコを通して示された地球創生プロジェクト=Project GAIAの草創期の目標概念です。

これから霊性の進化により神々から召命を受ける次なるフランシスコたちが沢山誕生することになるでしょう。基本的には宇宙種族を代表し12分野を担う12人の神の子が必要となるのであり、そしてその12人を取り囲む12分野の神の子たち、合計12人+144人の神の子たちがスターピープル144000人を覚醒させ、未来宇宙文明を導いて行く地球連邦の受け皿となるのであり、未来を創造する新しいイルミナティー体制となるのです。


感謝合掌