愛するあなたへ

2011年2月5日土曜日

神人一体意識

昨年から続いていた覚醒のトンネルも、節分が明けてようやく次なるステージを迎えた様です。振り返れば、神の子たちの集合意識が魔の6.66段階を超えて行く山越えの期間であったように思うのです。

1月26日に連合体からの路線変更のメッセージを電車に喩えてお伝えしましたが、今日はその真意についてお知らせします。

今回の路線変更は、2002年以来の路線変更ではないかと思うほどの変化を感じていましたが、実は銀河系宇宙連合体自体の計画に路線変更があるのでは無く、路線の変更が必要なのは、人間目線で神々の計画を遂行しようとする人間側に必要なのであり、神々から離れて習慣化された人間本意の意識を神人一体意識に原点回帰して再出発しなさいということが連合体からのメッセージの本意であります。

昨年来、一旦Project GAIAの関連組織の活動も原点回帰することが願われていた訳ですが、それは人間本意の意識から神々の意識と一体連携するために、活動に携わる誰もが成長進化の魔の6.66段階を超えて行くことが願いの本質であったからです。

電車が急カーブしながら幅の広い別の線路に降りで走って行くということは、宇宙経綸を担う神の子たちの集合意識を人間目線から神人一体意識に進化させることで、神業とも言える奇跡の連続で計画を推進させて行く、まさに神人一体によるProject GAIAの本来の出発が願われているのです。

これは成長進化の魔の6.66段階以前と、魔の6.66段階を超えた目線では似て非なるほどに意識の次元が異なるということです。その様な意味から神の子の集合意識を魔の6.66段階を超えた次元にまで成長進化させることが神々の願いなのであり、これを乗り越えませんと宇宙経綸の担い手として神々が働きうる真の受け皿とはならず、結果的には人間本位の自己満足で計画を進めることになるのであり、それでは神々の経綸を担うことにはならないのです。

今回の最終経綸は、結果的に何らの基盤も無い一握りの神の子たちからの出発となるのですが、私たちには内的受け皿としての条件さえ整えば、神々と一体連携して奇跡的な道を開いて行くことが可能となるのです。

私たちの意識を神人一体意識に転換するためにも、日々神々の心情と事情を尋ね求める祈りが大切なのであり、魔の6.66段階を超えた神の子たちの不動の集合意識が整うことで、個々のマザーセンター活動をベースとした神々の計画が推進されて行くことになるのです。


感謝合掌  フランシスコ