愛するあなたへ

2010年11月21日日曜日

世界支配体制の正体

今まで世界支配体制の動向については何度か述べて参りましたが、それでは世界支配体制とはどのような体制なのでしょうか。

世界支配体制については、過去に様々な陰謀説で言及されるのですが、その正体が明かされた事はありません。なぜなら世界支配体制自体は目に映る統合された組織ではなく、全体としては複数の分野に分かれたシンクロネットワーク体制として機能しており、お互いの体制自体はバラバラに存在しながら、また各々の体制を担う当事者自身にも世界支配の意識は殆んど無いからです。ある意味では見えざるこの世の神に動かされている無自覚の世界支配体制と言えるのです。

全体としては複数の宗教集団が霊的鋳型として機能し、共鳴の原理により全体を動かしているのですが、彼ら自身には世界を動かす霊的震源としての自覚は殆んど無いのです。そのために世界支配体制とは雲を掴むような見えざる体制として機能しているのです。例えばフリーメーソンが世界支配体制に関わっているとよく言われますが、彼らの多くにはその自覚は無いのです。

世界潮流に影響を与えている宗教を初め、世界の経済、金融、政治、軍事、医療、教育、情報、環境、人口、エネルギー資源、食料、宇宙開発など・・・、各々の分野で最先端を担う団体や組織等が霊的鋳型体制を震源としてシンクロすることで、お互いが水面下で連携した世界支配体制として機能しているように観えるのです。過去には出口聖師を初めとした日本の大本教が霊的鋳型体制の役割を担っていた時期がありましたが、今日では世界に拡大した複数の宗教団体がその役割を分担しています。

フランシスコが水面下の世界支配体制の動向を観る場合、霊的鋳型として機能している複数の霊的鋳型体制の状況を観察することで世界支配体制全体の動向を分析するのですが、これは今後どのような世界潮流になるのかを予測するための大きな視座となっています。

新しい宇宙経綸起動の草創期においては、神の子たちの集合意識を育み高め拡大して行くことが、分裂と破壊に動く世界を調和に導く霊的鋳型として機能することになるのであり、正に神の子たちの集合意識の渦を世界に拡大して行くことが最大のテーマとなるのです。

感謝合掌