愛するあなたへ

2010年10月24日日曜日

アブラハムの如く


今回の宇宙経綸は、人類の存続を掛けた最終の経綸であるために諸々の諸宗教を代表し、超宗教次元で呼び集められた神の子たちにより、女神を中核としたネットワーク体制が編成されるようになるでしょう。

最初にヤハウェの母性に目覚めた神の子1人が、そしてその1人を支える三つ巴の神の巫女3名、そしてその3名の周りに12名ずつの神の巫女36人、合計40名の神の巫女とそれをサポートする神の子たちのシンクロネットワーク体制が揃うことで、ようやく経綸の渦を発動させ継続させて行く条件となるのですが、自称神の子たちは内外に沢山おりましても、現実的にはこの条件はまだまだ整っていないのです。

また神の巫女36人が揃いますと、次に倍の72名、そしてその倍の144人とそれをサポートする神の子たちのシンクロネットワーク体制が揃うことで、諸々の神々と連携しながら国土を動かし、神々の経綸が発動する条件となるのです。これらの条件については4年前の2006年からヤハウェから言われていたことなのですが、未だにその準備は揃ってはいないのです。

旧約聖書に以下の様な神とアブラハムの問答があるのですが、今のフランシスコもアブラハムの心境と良く似た立場に在るのです。今の世界は、罪と汚れに満ちたソドムとゴモラの町に喩えることができるでしょう。

<創世記1826-32>

「神は言われた、「もしソドムで町の中に五十人の正しい者がいたら、その人々のためにその所(ソドムとゴモラ)をすべてゆるそう」。

アブラハムは答えて言った、「わたしはちり灰に過ぎませんが、あえてわが神に申します。もし五十人の正しい者のうち五人欠けたなら、その五人欠けたために町を全く滅ぼされますか」。

神は言われた、「もしそこに四十五人いたら、滅ぼさないであろう」。アブラハムはまた重ねて神に言った、「もしそこに四十人いたら」。神は言われた、「その四十人のために、これをしないであろう」。アブラハムは言った、「わが神よ、どうかお怒りにならぬよう。わたしは申します。もしそこに三十人いたら」。神は言われた、「そこに三十人いたら、これをしないであろう」。

アブラハムは言った、「いまわたしはあえてわが神に申します。もしそこに二十人いたら」。神は言われた、「わたしはその二十人のために滅ぼさないであろう」。アブラハムは言った、「わが神よ、どうかお怒りにならぬよう。わたしはいま一度申します、もしそこに十人いたら」。神は言われた、「わたしはその十人のために滅ぼさないであろう」。


天の時と地の利が満ち、あとは神々の計画を推進して行く為の人的ネットワーク基盤の整備がとても重要なのであり、そのために幼い神の子たちの成長進化を心から祈らざるを得ない、神々の切なる願いと心境がフランシスコには痛いほど伝わってくるのです。

神の子たちによる主体的なネットワーク基盤の確立に向けて着実な歩みを推進して参りたく、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

感謝合掌